レース参戦跡地

全ては終わった…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ウエットな路面の扱い方を考えていた…

ノリックと呼ばれたライダーをご存じでしょうか
阿部 典史選手。
500CCロードレースで活躍したライダーです。

ダート、モトクロスで経験を積み、
ロードレースに入ってきた選手で、
重心移動、荷重のコントロールが卓越した選手でした。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
最近クリックしてくださる方がいらっしゃるようで。
本当にありがたいです。m(__)m
私、見に来てくださる方がいると文章が長くなる特性があるようです。(・_・;)


阿部 典史選手はダートのような滑りやすい場所で、
2輪のような転倒しやすいマシンを
コントロールし続けることによって、

グリップの良い特殊なアスファルト上だけでは
なかなか身につかない繊細なマシンコントロール、
荷重移動を身につけることになったのではないかと思います。


------------------------------------------------------------

阿部選手は2007年10月7日午後6時20分頃、
片側2車線の市道で500㏄スクーターで走行中、
転回禁止区域にもかかわらず
左車線から突如転回してきた4tトラックと衝突し、
32歳の若さでこの世を去りました。

彼ほどの世界的なライダーがまさか公道での交通事故で
命を落とすとは思いもしませんでした。
2003年、『No.74』加藤大治郎選手が
鈴鹿で命を落とした時と同様、物凄い衝撃でした。

ともすれば、今でも彼らが生きていて、
普通に生活しているような気がしてしまいます。

------------------------------------------------------------


続きます。
サッカーでもピッチコンディションが悪いグランドで
日本代表の選手はよく転倒するのに、海外選手は普通に
プレイしていることがあります。
練習環境が良すぎることも逆にマイナスに働いてしまうことも…

土曜日の皇居、ランデザインの練習会で
あえて速度を出してみようと思ったのは、
普段、雨天で走ることはあっても、
全力に近い速度を出すことがないので、
ちょっと試してみたかったというのが理由でした。

ランデザインの練習会は10kmで終わってしまうので、
2週のんびりだと何となくもったいないというのもあったのですけどね。

まあ、ともかく暴走したいいわけでもあるわけだけれど、
収穫もありました。いろいろ考察してみたことを、書き連ねてみます。

F1でもバイクレースでも雨の日にタイムが良くなっちゃう♪
なんてことはないので、当然速度面でのロスが出るのは当然なのですが、
その辺を、なるべくタイムロスを抑えながら、
尚且つ無駄なエネルギーを投入しないで走る方法については
研究しておく必要があると考えます。

何しろレースは晴れの日とは限らないのですから。

補足:
後から新情報、レースではそこまでツンツルってことはないらしいです。
ホッとしました。なにしろ1レースしかしてないから知らないことだらけ。(笑)
それにしても皇居恐るべし…(^_^.)


------------------------------------------------------------


一つの結論としては…
雨でもグリップのいいタイヤ(ランナーならシューズ)を履くこと。
すみません、当たり前の話で…(・_・;)

だってそうなんだもん。
間違ってないっしょ?

ってことで、雨の日でも滑りにくい機能を持ったっていう
ハイレが気になります。(゜_゜>)
なんで緑色なんだよ。赤ならいいのに。
ええ、脱線しましたね。
それはいい。戻ります。

で、二つ目。
なるべく滑らないような走り方を体得しておけばよいわけです。
ええ、こっちですね、重要なのは。

自分は関東育ちなのですが、
何故か北海道に数人友人がおりまして、
しょっちゅう遊びに行っております。

向こうは良く路面が凍ってスリップしやすいのですが、
あっちの人って、普通に歩いていくんですよね。
で、自分も普通に歩いて行こうとするとヤラレマス。(^_^.)
何度もコケそうになる。
一緒にいった関東の友人もやはり同じところで
ツルツルと滑っています。
ようは慣れってことですかね。

ということは…
その通り、スケートリンクでレースペース走を練習しておけばいいと。爆
ああ、でもあながち大外れでもないと思われ…
いい練習方法かも。


------------------------------------------------------------


違う方向性から攻めてみる。
武術や武道では動く時につま先で蹴る動きはご法度です。
ついでに上下動が多いのもNG。
なんでって、足場が不安定になるしロスが大きいから。
しかも実は早さもパワーが出ない。

例えば相撲見ててもつま先立ちで押したりしてないです。
ハイ、これ受け売り。
お前はできるのかって質問はナシ。

ナンバ走りとかいろいろ武術的な発想って注目されていますが、
体現するまでとんでもなく時間がかかるものなので…

ええとつまりどうすりゃいいのって話。
机上の空論っぽくまとめると、
①滑りにくいシューズを履く。<これ一番重要でしょ。お金で解決★(^_-)
②体の上下動を消して、必要以上の運動エネルギーを足回りに発生させない。
③接地面積を多くとる。(つま先で蹴ったりしない)

んな感じで、どうでしょう。
まてよ、こんな走り方してるのって……

忍者だ!!(゜_゜>)

結論が出たところで、今日はここまでで。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

ええと個人的にはカカトで地面を後ろに押す感覚で走ってます。
アキレス腱伸ばしみたいな感じで。
良いのか悪いのかは何とも言えませんが。
スポンサーサイト

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/04/26(火) 21:00:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<CHRIO Performance Up Waist Beltを試す | ホーム | >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://redeye170.blog.fc2.com/tb.php/39-15445e6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。