レース参戦跡地

全ては終わった…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

レース後のダメージ

コメント欄に貰ったネコさんの分析が割と面白く。
客観的な意見ってあまり聞けないから、
参考になりました。
ネコさん、ありがとうございます。
記事タイトル怒られるかと思った。(; ̄ー ̄A アセアセ・・・

ちなみに自己分析の方が評価酷かったですけどね。
あの時はレースを投げたというよりは、
次に何をするべきかわからなくなった感じでした。

頭もうまく働かなくなりますね。
進むべき道が分からなくなった感覚。

皆走ってて、自分は止まってて…
『なんだよ!!』って勝手に怒って。
まずは座って考えるかと。

ちなみに潰れた後、完走できないと思えた要素の一つ、
それがシューズです。

まあ、走力が足りないと道具の力に頼りたくなるのが人情というもので。
本人の性能を要求するようなシューズに手を出してみましたが。
当然本人にそんな性能があるはずもないので結果は見えています。

10km過ぎくらいから怪しくなり始めて、
ハーフ過ぎるまでの区間はどうごまかしながら走るか
試行錯誤でした。

結局ガンガンかかとから着地して、
足回りへのダメージをかけまくりました。
結果的にそれしか方法無かったし。

足回りのダメージの出方が厚底シューズとはちょっと違います。
普段は故障を抱えている右膝を中心に右側がおかしくなるのですが、
このシューズは何故が蹴り足である左側がダメになります。

なんでだろ?
ということでレース後の底を観察すると左足側の削れ具合、
シューズの外側が相当減ってます。
接地が外から落ちて、脹脛の筋肉に大きな負荷をかけてしまっていると思われ。

レース中も結構痛かったので、
まっすぐ降ろすように心がけてみたりもしたのですが、
そうすると地面への叩きつけ感が強まって、
接地もゴツゴツ降ろしている感じで、足音もデカくなる。

ハーフ地点まで扱いに困りながら走っていた感じです。
感想としては意外と持ったなといったところ。
手賀沼もこれでしたけど、やはり左脹脛がおかしくなりました。
きっと蹴り足側なので必要以上に力がかかってしまうのだと推測。


ちなみに3レースしか使ってません。

今日になって筋肉痛が緩和されてきました。
左の脹脛、気が付きましたけど故障してますね、これ。
ここだけ痛みが増してくる。

レース後なのでまあいいんですけどね。
ゆっくり直しますヨ。

前記事はごぼうさんが来ると思って置いておいたんだよ。
襷は渡したからね。
全然いい流れじゃなかったけど。(爆)
後はよろしく!!ヤッホー(ノ^∇^)ノ
スポンサーサイト

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/11/29(火) 17:51:33|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
<<ブログ村の方々、今まで有難うございました。 | ホーム | サブ3.5狙いの方へ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。