レース参戦跡地

全ては終わった…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

サブ3.5狙いの方へ

ええと、全然参考にならないので、
参考になるのは本家のネコさんの方でご覧下さい。
ハイ、かなりヤケクソで書いてます。

どんな人向け?
30km過ぎの壁で粉々に砕け散った後、
必死で3.5を目指す人向けです。

ちなみに後半は結構歩いたり止まったり、
はたまた座り込んだりします。

昨日のつくばのラップ
破滅

序盤にトイレに行き損ねておくとOKです。
最後まで持たせるつもりで行きましょう。

途中のマナー違反、何度か見かけましたが、
論外ですね。信じられません。

Bブロックスタートで号砲と同時にドンドン追い抜き掛けます。
スペースを見つけては前へ前へ。
接触に気をつけましょう。
そしてハーフまでは4分2~3秒ペースで順調に飛ばしていきます。

24km過ぎから一気にタレましょう。
ペースは落とすのではなく、
維持できなくなるところがポイントです。

破滅2

34km過ぎにエイドでトイレに寄りましょう。
ここまでで足を使い切っておくことが重要です。
出てくるとあら不思議。もう脚は全く動きません。

これはそう…
いわゆる『30kmの壁』、『35kmの壁』というヤツですね。
折角フルマラソン走るんですもの。
この有名な30km過ぎの壁』…一度は見ておきたいものですよね。
じっくり堪能しましょう。
ここまでが華だったなぁ…

壁を堪能したら、
歩道に座ってランナーの流れをぼんやり見つめながら、
厭世的な気分に浸るもよし、
経過時間を確認して、時の流れの無常さを思い知るもよし…

さて、ここからです。
35km手前で10分以上座り込んで、脚も全く動かない。
目標タイムもクソもない、
絶望の淵、まさにどん底から…

全く動かなくなった脚を引きずって3.5を目指してもがき始めます。
諦めたところからが本当の始まりです。

脚はダメダメなので周りの流れと同じに進めると思ってはいけません。
エンジンブローして煙吹いているような状態ですから、
50m、100m、ちょっと進んでは歩きます。

周りを見渡せば、
AブロックやBブロックの似たようなマシンがかなり視界に入ってくるはず。
皆懸命に頑張ってる…

こどもの声援に応えたり、
施設エイドのチョコなんかのお世話になりながらゴールに向かって
走ったり歩いたり、はたまた座ったり。

後ろから追い抜いて行く仲間に手を振ったりと大忙しです。
収容車なんて期待できません。
どのみち自走して戻るしかないので、
結構必死に進みます。

自分を惨めとか思ってはいけません。
むしろ堂々と胸を張るべきです。
夢を追って挑戦した結果としての失速は称賛に値します。

40km辺りでは沿道の声援もタイムを意識した内容が増えてきます。
『3時間24~5分いけるぞー』とかそんな感じで。
でも基本的にキロ6分とかで進んでいるので基本は抜かされっ放しです。
安定したペースで行ければそうですが、
こちとらそうは問屋が卸さない。
330が切れるかも知れない、が微妙なタイム…

皆必死にゴールを目指しています。
どれだけ抜かされても諦めないで進みましょう。

競技場に戻ってきたら、
全力疾走です。3:30で飛ばしてBブロックの実力を如何なく見せつけ…
まあ、ここは最後なので無理をせずキロ4分チョイで十分でしょう。


って感じでお終いです。

イライラしてやった。
後悔はしてない。

なんとも反面教師的な意味で役立つと思われ。


ちなみに3.5で帰ってこれたのは結構嬉しかったよ。
もう完全に終わったと思ったから。
35km手前でずっと座って応援してようかとも思ったし。

これも自分だけの大切な記録。
初めてのフルマラソン。

ずっと記憶に残る最高のレースをしたと思う。

ああそうそう、
まさに『辛すぎワロタ』でした…

ちゃんとしたレースレポ…いるかな?
読む人いるならくらいな感じで。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
このブログももうじき終わります。
押してくれていた方、有難うございます。
スポンサーサイト

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/11/28(月) 17:48:07|
  2. 未分類
  3. | コメント:8
<<レース後のダメージ | ホーム | 最後の戦い>>

コメント

すごーく
客観的なコメントするね
正直2時間50分は無謀だと思ってました。
でも 夏前の走り込みや走力から
サブ3は充分達成可能だと思っていたけど もし2時間50分を狙った場合3時間15分が現実的なラインだと思っていました。
今回も おそらく一旦レースを投げてしまった 35kmすぎ これの15分をなかったとすると そんな感じですよね
個人的にサブ3と2時間50分は 3.5とサブ3くらいの差があると思ってるので
そこにあえてチャレンジしたことは素晴らしいと思います。
いろんな意味で 苦しんだ部分もたくさんあったと思うけど 
個人的にはね読み物としては すごく面白かったっす!

これからも本業? わからんけど頑張ってください



  1. 2011/11/28(月) 21:33:51 |
  2. URL |
  3. ハンサムネコ #-
  4. [ 編集 ]

とっても良いと思います。多少自虐的ですが、人間性が溢れています。もう一度チャレンジして欲しいです、個人的には。
  1. 2011/11/28(月) 22:24:25 |
  2. URL |
  3. 甲子園59 #-
  4. [ 編集 ]

お疲れ様でした。
これ、本にしたら。。。売れないな(笑)
何となく私が初めてウルトラに挑戦した時の事を重ねてしまいました
ウルトラの苦しさを知らないだけに、無謀な挑戦ができた
あの時はかなり後悔したけど、今となっては凄いことしたなと、しみじみ思います
何はともあれ、3:30は立派な記録!

  1. 2011/11/29(火) 08:07:15 |
  2. URL |
  3. 9000 #-
  4. [ 編集 ]

ハンサムネコさんへ

コメント有難うございます。
ははは、『無謀』ときましたか。( ̄。 ̄)

まあ確かに。(・_・)
『2時間50分』対策にやってきたマシンなので、
実戦でどうしても性能評価したくなってしまったわけです。
なーんて言ってみたりして。( `ー´)ノ
でも最終的にこのプランでやってみて良かったと思ってます。
レース前の自己分析でも概ねそんな感じですヨ。

7月に720km組んだ後、
8月に650kmくらいで速度強化をかけて、
9月、10月を同じく650でkm、さらにスピード持久力を追求するはずが…

まあご覧の有様で。
距離的にも速度強化としてもダメな感じでした。orz

8月に精神的には立て直して、身体的なコンディションも好調。
そして走力も急激に上がり始めましたが、
2時間50分のエリアまで詰め切るには時間が不足しすぎた印象です。



ダニエルが教えてくれる自身の性能から判断すると、
53分カットを少し視界に入れながら、現実的にキロ4分7秒の54分のペースでの入り。
後半ヘタレるのを見越してこのくらいで進行。
調子の良しあしで中盤以降探りながら、
少し上げるなりサブスリーを固めていくなりのレースプランが賢いかなと。
初フルなのを考慮するともう少し落として入ってもいいくらいな感じでしょうか。

今回のレースで一番気にしたのはやはり『サブスリー』の存在でしたね。
『サブスリー』って眩しいですから。
これ…間違いなくほしくなります。

でも、4分ペースで入ったらアウトっていうのはもうわかっていたわけで。
自分の走力ではちゃんと『サブスリー狙い』に行かないと無理。
落ちて『サブスリー』する計画にしてもせいぜいやや早めくらいがいいところだと思います。

自分がやるのでなければ『やめときなよ』っていうレベルですね。
結果があまりにも予想通りだったので、
終わってみて感動もショックも何もない感じでした。



と、本気で『2時間50分』狙うペースだと多分完走無理だったと思います。
自分の場合、4:03ベースで24km付近まで入っていますけど、
2時間50分だと42kmの4分1~2秒くらい。

となると前半は後半タレることを考えて3分57~8秒平均は出ていないとダメ。
この数秒は非常に重いです。
これでも後半のレースを制御できるかもしれないという
ギリギリという範囲まで踏み込んだんですけどね。



トイレで一度止まってしまったら身体に閉じ込められていた
あらゆるダメージや疲労が一気に出てきた感じです。

最後の3.5カットだけは物凄く必死でした。
周りの真剣さに負けたくなかった…



しばらくはスポーツとか考えたくないですね。
ぼんやり過ごしたい感じです。
本気全開で走ることはもうないと思います。

もしかすると気が向いたらなんか出てみることがあるかもしれません。
練習するようなことはないので、のんびりランだと思いますが。
  1. 2011/11/29(火) 10:23:56 |
  2. URL |
  3. RED-EYE #SFo5/nok
  4. [ 編集 ]

甲子園59さんへ

コメント有難うございます。
サブ3.5とったので、
ちょっと自虐ネタにはしってみました。

何とか有言実行にしようとあれこれやってきましたが、
流石に自分の走力以上のことはできないものですね。

ハーフを回るあたり、
足回りもある程度残しながら進めてはいたのですが、
10km、ハーフのレース結果から予想される通り、
24kmあたりからグラグラと崩れ始めました。

あの時の余裕度からするとトイレストップ無くても
35kmの坂越えるくらいで潰れたかなという感じです。

ハーフ過ぎる辺りまで余裕度と後半を見据えながら、
出来る限り『2時間50分』が見える位置で、
そして潰れないようにペースを維持できるギリギリの辺りを
コントロールしているつもりだったのですが結果完全に潰れてしまいました。(^_^.)

ま、どんなにデータ上届かないと出ていても、
自分で実際に見て、経験してみなくては気がすまない性格なもので。
レース後にブログ村の方にも言われましたが、私らしいレースでした。

やったことについては後悔はありません。
今迄やってきた全てが結果として残った。
この結果が全てです。

ラップタイムにはっきりと自分の目指したものが残っています。
34km過ぎ、道を見失ってコース上で立ち尽くした後、
懸命に戦い抜いて手にした3.5。

大事なものを捨てて選ぶ『サブスリー』よりも、
光り輝く自分だけの『3.5』です。

『2時間50分』を睨み続けたからこそ、
ここまで速く走れるようになれた。
そしてここまで自分を追い込めた。

また機会があれば、
時間を作って取り組んでみるものいいかとは思います。

でもまあ、しばらくは運動したくない感じです。
最後まで本当にキツカッタ―!!(><)
  1. 2011/11/29(火) 11:14:10 |
  2. URL |
  3. RED-EYE #SFo5/nok
  4. [ 編集 ]

9000さんへ

9000さんのウルトラの記事読んで、
『凄いなー、カッコいいなー、完走メダルいいなー』
って、自分も参加してみたいと一瞬だけ血迷った考えが浮かびましたが、
全力で打ち消しました。(笑)

多分、いや絶対無理。
性格的に…
フルマラソンですら長くてキツくて勘弁してくれ状態なので。(◎-◎)

『無謀な挑戦』っていうのをやらないと、
『奇跡』と呼ばれるような結果は得られないんですよね。
そこが問題なところで。

どうしてもその『奇跡』を見てみたくなるし、信じてみたくなる。
だからいつも失敗してしまう…というのが自分なわけで。

レース前の1週間、
9000さんの50分切った時の記事、そしてダニエルの呪い…
何度も目を通してため息ばかりついてました。

この『3.5』は自分にとっては特別な『3.5』ですからね。
中々味のある3.5でしょ。へへっ((( ̄( ̄( ̄( ̄ー ̄) ̄) ̄) ̄)))フッ

初フルマラソンでのラップタイムの上げ下げがここまで激しい人もきっとなかなかいない。
3分57秒から14分48秒に至るまで。

最後の最後まで頑張った頑張った。( v ̄▽ ̄) イエーイ♪
  1. 2011/11/29(火) 11:32:39 |
  2. URL |
  3. RED-EYE #SFo5/nok
  4. [ 編集 ]

4月頃のレースで狙ってます!!サブ3,5!!
ちょっとこれは参考に出来ないデータですが…(^_^;)
レース中に止まると一気にきますね(^_^;)疲労。

私も前んとき30km過ぎで5秒無いくらいだと思うけど給水で止まったらエライきつくなったよ(´Д`)

其れにしてもフルマラソンをコントロールするのは超むずかいし。目標が高ければ尚更にでしょうね。

そんでもって【次!?】のレースも張り切ってい逝きましょうおっと 行きましょうd=(^o^)=b
  1. 2011/11/29(火) 13:48:15 |
  2. URL |
  3. ごぼう #-
  4. [ 編集 ]

ごぼうさんへ

自分なりに頑張ってきましたよっと。
4月のレースでさくっと抜かしちゃってくださいな。

ネコさんとこでちゃんとしたのが紹介されているので、
参考にするならあちらでどうぞ♪

止まったらダメですね。
特に後半は…
なんか自分の足ではないみたいでした。

もしトイレストップ無かったら…
惰性で進む感じで4分20秒前後。
あのまま35km通過してそこからキロ5分30秒くらいまで落ちて、
37kmくらいで潰れたと思われます。

で、そっから先が進めたかどうかはワカリマセン。

スタート前、
42.195kmは私に『おとなしく諦めるか、潰されるかのどちらかを選びなさい』
と決断を迫ってきました。

『諦めないし、潰されもしない!!』と撥ねつけましたが、
『矢も尽き、刀もへし折られ…』といった感じでした。
落武者みたいに必死でゴールに向かいましたよ。

前半、『こんなに軽く回せているのに、
余裕度もあるのに、それでも失速するのか』と。

『この余裕度よりもさらに余裕が必要なんだなぁ』
と妙に感心しながら走っていました。

次!?(・_・)
ナイナイ、こんなに苦しいのはもうゴメンだよ。
後はごぼうさんに任せた!!
  1. 2011/11/29(火) 14:08:26 |
  2. URL |
  3. RED-EYE #SFo5/nok
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。