レース参戦跡地

全ては終わった…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『サブスリー』を捨てる…

3時間切り、いわゆる『サブスリー』を意識から切り離します。
これを強く意識してレースに向かいます。
『サブスリー』は考えないということです。

昨日上げた記事の続きなのですが、
サブスリーを想定してレース展開を考えるのと
2時間50分を想定してレース展開を組むのでは
入りの速度が大きく違います。

よほど走力に余裕がなければ30km以降上がるわけがないと
これまで30km走などのロングペース走をしながら感じたこと。

ということはまず最初の難関として、
序盤からある程度のペースで組み上げて、
30km到達時点でそこから勝負にいけるタイムに持ち込めているのか
ということになります。

4分切って入るのか、
4分10秒くらいで入るのか。
全然話が違ってきてしまう。

4分10秒くらいで組み立てていくならスタートした時点から
『2時間50分』に関しては完全放棄とみなしているという話です。
後半取り返せるわけがないですからね。

しかし、現在の私の走力でキロ4分で行けるところまで押し込んでしまうと、
『サブスリー』やらそんなハイレベルなところを想定するどころか、
完走できるかどうか怪しいようなことにもなりかねないです。


-----------------------------------------------------------------


ならば目先を変えて、
初フルマラソンで『サブスリー』…

これでも全然悪くない。
いやむしろもし出来るのであれば、
これでも戦果としてはかなりのものだと思います。

キロ4分15秒巡航なんていう、
私が今まで30kmのペース走ですらできなかったことを、
42kmやれって話で。
ここでももう十分にハイレベルすぎる話です。

しかし、『2時間50分』という数字にいつも重圧を受けつつ
この1年過ごしてきたわけです。
最後の最後に目をそらしたくはない。

では、『2時間50分』を狙う入りで途中から
『サブスリー』を抑えに行くというのはどうでしょう。
厳しいなと思う時点から緩めて『サブスリー』へ調整する。

多分個人的にはこれが一番ダメな気がします。
『2時間50分』も『サブスリー』も
そんな中途半端な真似を許してくれることはないでしょう。

あわよくば『サブスリー』なんて考えで取れるほどフルマラソンは
甘くはないと思います。
なので、最低でも『サブスリー』という発想は排除して臨みます。

初フルマラソンだから大切に行きたい。
安全に安全にと、守りに入りたい気持ちが全く出てこないとは言いません。

ですがその『甘い考え』を排除して、
レース中はどんな状況になろうと攻める決意で挑みます。

ということで結果は……ほぼ確率がない成功か、
まず間違いない大失敗のどちらかです。


諦めきれずに傷を広げる…良くある話というヤツでしょうね。
自分で決めて実行することだから、
結果については受け入れるしかないでしょう。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
本音をいえば、負けるとわかっている勝負はしたくないです。
応援クリックもらえると嬉しいです。
スポンサーサイト

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/11/24(木) 17:32:06|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
<<カーボローディングとウォーターローディング | ホーム | 勇気と無謀>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。