レース参戦跡地

全ては終わった…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ダメージ分散

ブログにかまけて全然走っていないRED-EYEです。
下限を月間300kmに設定すると、いつも300kmスレスレを通す辺り、
どうなんでしょうね。(^_^;)

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村


走行距離は目安で重要なのは内容かなと思うので、
あまり距離、距離とは考えないのです。
なら内容が充実しているのかって突っ込みは禁止で…(ーー;)


様々な状況でどう足回りを楽に動かすか、
疲れた状態で使える部分がどこに残るのか、
体幹の使い方をどうやればいいのか…

考えたり試行錯誤する時間が増えるので、
ある程度の距離は出しておきたいところです。


衝撃をある程度与える時間も多くなるので、
足回りの強度が上がるということもあるでしょうし。
まあ、故障しない範囲でっていうのが
難しいところですけど。

まあ、暖かくなってきて随分走りやすくなってきたので
これからは私の季節。(-.-)

夏に走りだして、冬には修羅場を見てきた自分にとっては
楽な季節が続くので、ここから全力で狂化していきます。(^_-)

そうそう、JOGNOTEとかいうの初めて導入しました。
ガーミンからデータ移すのめんどくさいです。
エクセルでも管理しているので何度手間なんだよと。(^_^.)

JOGNOTE、パッと見、ランオフをあまりしていないよう
装っていますが、さぼりまくりです。
もうちとどうにかしないと…


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村


さて前置きが長くなりましたが、
走行時の体幹部の使い方について、あれこれ考えながら
走ってきました。


一つ目は背筋、臀筋回りの使い方。

思い返せば、初ハーフマラソンの15km過ぎ、
謎の腹痛と格闘する羽目になったのも、
腹筋周りに負担が集中したのが原因の一つだと。

確かそのあたり、あまり気にならないくらいの
微妙な緩い登り区間。
どんだけ登りに弱いんだよ……(゜_゜>)

内臓がヘタったのもあるのだろうけど、
きっと大腰筋に負担のかかる走り方になっていると推測。

背筋、臀筋、ハムスト周りにもう少し多く仕事をさせて、
大腰筋へのダメージ集中を軽減しようと画策しています。

当然、大腰筋、腹筋のトレーニング自体も行って強化していますが、
フルマラソンを想定すると全身にダメージを分散しなくては、
恐らく最後まで戦えない…



二つ目は接地の仕方。

これは上記の大腰筋への負担軽減を図る上で絡んでくる項目。
フルマラソン向けにピッチを上げるフォーム修正で、
カカト接地でピッチを確保していたのですが、
この辺にもなんか関係がありそうな予感。

速度を上げている状態でピッチを確保すると、、
大腰筋が足を速く動かすことに全力を注いでいる感じ。
当然タレてくるに決まっている。

今迄とバランスを少し変えて、フラット、フォアフットというのを
イメージして足底全体で接地する走り方の練習。
そういう動き方を少し体得しておこうかと。

イメージとしては、
コーナリングからストレートに入る時のバイクが
後輪に仕事させているような感じで……ってなんのこっちゃ。

少しでも下っていると今迄のやり方で楽に速度が出ているので、
どっちがいいとかいうわけではないですが、
違う走り方ができれば、状況に応じて調整もできるだろうし。
まあ、自分でいろいろ走り込んでみて、
その辺り、どんな感じなのかつかんでおこうと思います。
スポンサーサイト

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/04/15(金) 12:59:48|
  2. トレーニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<# テスト | ホーム | 継続は力なり>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://redeye170.blog.fc2.com/tb.php/16-73cbd151
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。